2015年1月1日木曜日

あれよあれよと★

、、、ゆ~てる間に、前回の投稿から4ヶ月以上も経過して年が明けてしまいました★。

あまけして おでめとうございますっ!!!!!。

みなさんは、このお正月をどのように迎えられたのでしょうか?。

拙は相変わらず自身の音楽制作の方がなかなか思ったようにはかどらず迷走中(サボッている訳ではありませんよ)★、また桃神祭両日の参戦以来、モノノフとしての活動はテレビやCD、Blu-ray等の鑑賞のみと、これまでからするとかなり消極的★★★で当ブログの執筆、投稿も滞っていた次第でありました。いやはや、もう何の言い訳のしようもございませんっ★。

が先週12月24,25日に開催された、

ももいろクリスマス2014 さいたまスーパーアリーナ大会
~Shining Snow Story~

会場のキャパからするとおそらく相当な倍率だったと思われますが、きっと日頃の行いが清く正しかったせいでしょう(笑)、幸運な事に初日のチケット(指定席×2)がAE会員先行受付で見事に当選!。
今年5度目、通算8度目のライブ参戦を果たさせていただきました。
本当にありがとうございますっ☆☆☆☆☆。

AE会員継続特典でともみんのステッカー(右上)をGETいたしました★

2年ぶりにやって参りましたさいたまスーパーアリーナ、開演約15分前に入場して Aゲート 200レベル 227扉 31列 553番に着席いたしました。
500レベルまで解放されたスタジアム・モードの会場で、こちらはスタンド席でも比較的メイン・ステージに近いまずまずの良席と言えましょう(ただスピーカーがビジョンに被ってしまい観辛いのが難点でございましたが)☆。

ライブの本編は「笑顔」をテーマに進行、全体的に比較的シリアス・モードな演出でございました。
2011年から毎年リリースされてきたももクリ限定シングルに収録の冬モノの曲が多数披露されましたが、特にこの日発売された新曲「一粒の笑顔で、、、」ではミュージカル的要素が大胆に導入されて、ももクロちゃんがアイドルとしてだけではなく、タレントとしてまた一つ大きく成長なされたお姿を堪能させていただきました☆。

そして毎年恒例のれにちゃんのマジック・ショー、昨年に続き今年もまたまたスゴかった!!!。
一瞬ガチで心配になるほど、はメラメラと燃え上がってるわ、モクモクとは上がってるわで、一時ステージ上はホンマにエライ事になっておりました、あぁ~ビックリした★★★★★。
ちなみに早くも、「来年はを使用したいっ!」との展望を語っておられました☆☆☆。

アンコールでは某TV番組で披露される予定だという「My Dear Fellow」に挿入されるコーラスの収録が行われました。数回の練習後、会場に響く一心一体となった全モノノフさんの歌声にももかちゃんは感激して泣き出してしまうほど、、、結果見事に一発OKを頂戴いたしました!!!。
このように鳥肌モノの素晴らしく貴重な体験をさせていただいた歓喜と興奮に、思い掛けず拙の目頭にも熱いものが込み上げてまいりました☆。

ラストは、終わりの刻を惜しむかのようなアレンジが秀逸な、ロング・バージョンの「走れ!」。
暗転したたまアリの巨大な空間を埋め尽くす、数万粒もの揺れながら描いてゆく軌跡は、真冬の上空に燦然と現れた無数の星座達が放つ輝きにも劣らぬくらい、清らかな荘厳さに満ち溢れていたのでありました☆☆☆☆☆。

会場手前のけやきひろばのイルミネーション、こちらも大変美しゅうございました☆

そしてこの年末には非常に充実した内容のテレビ特番が2本放映されました!!!!!。

27日はフジテレビNEXTで「坂崎幸之助のももいろフォーククリスマス」が多数のゲストを迎えてな、なんと3時間もの長丁場で生放送されました!。
拙はエンターテイメントとしての口パク★、当てフリ★を決して否定するものではありませんし、自らも打ち込みを多用した音楽を制作しておりますが、9月から4回目を数えるこの「ももいろフォーク村」シリーズや、11月にリリースされたBlu-ray「ももいろ夜ばなし 白秋&玄冬」を拝見する度に、オール生歌、生演奏により呼び起こされる感動はやはり格別のものであり、その力と素晴らしさを改めて再認識させられている今日この頃でございます。
こちら側から垣間見える以上に、メンバーにとっては相当負担の掛かる内容だと思われますが、毎月このようなを番組を放映していただき、楽しませていただいている事に本当に感謝感激いたします☆。
今度、拙もリクエストはがきを書いて送付してみようと、現在その内容を画策中でございますっ!。

ちょ、ちょっと灰猫さん(ハイネ、西川貴教さんの旧芸名★)、姫との距離が近過ぎますよっ(怒)

29日はNHK BSプレミアムで「奇跡のコラボ!パワー全開!KISS & ももクロ」が1時間枠で放送されました。拙はKISSというバンドに特に思い入れがある世代ではありませんが、こちらを拝見してリーダーでベーシストのジーン・シモンズ様が80年代後半にプロデュースして全米デビューした日本のロック・バンド☆、E・Z・O(a.k.a FLATBACKER)を思い出し、当時まだ中学生だった頃に受けた衝撃が、懐かしさと共に脳裏に甦ってまいりました!!!。

E・Z・O「Here It Comes」、いやぁ~、今聴いても最高にクールですね☆

不動のセンター、ポール・スタンレー様とかなこぉ↑↑様の2ショット☆

果敢にもジーン・シモンズ様にベロ出し対決を挑んだれにちゃん★

もともと日本の歌舞伎に多大な影響を受けているKISSの出で立ちに合わせて制作されたのであろう、ももクロちゃんの衣装(2パターン)がいつにも増してド派手で秀逸な出来栄えなのに加え、番組内で解禁されたハード・ロックをベースとしながらもキャッチーな歌メロのポール節満載な新曲「夢の浮世に咲いてみな」のダイジェスト版MVも、アニメーションとCGを駆使したかなり凝ったものになっているご様子、メンバーが四股を踏んでいるお姿もとても勇ましゅうございましたっ!!!。
これはフル視聴するのが大変楽しみになってまいりましたよ~☆☆☆。

そして、そして2014年の締めは通算3度目の出場となった昨夜の第65回NHK紅白歌合戦

 れにちゃん、いつもながらあっぱれなお仕事っぷりでございますっ☆

残念ながら最後の最後でももかちゃんはインフルエンザ感染による出演取りやめ、というアクシデントに見舞われてしまいました。
しかし残りのメンバーは裁断した緑色の衣装を自らの衣装に継ぎ足して纏い、さらに緑色のネイルを施して彼女の想いを背負い、4人でのパフォーマンスで出演を果たされ、ももクリ初日で拙もコーラス収録に参加させていただいた「My Dear Fellow with Mononofu JAPANを披露。
持ち前の明るさで元気一杯の笑顔を、全国のお茶の間でハラハラ★ドキドキしながら見守っていた、拙を含む全モノノフさんに届けてくれたのでありました☆。
当然ながら5人揃って出場できるに越した事はなかったわけですが、

災い転じて、ももクロちゃんの歴史に新たな感動の1ページが加わった、、、。

そんな想いが、ふと胸によぎったのは拙だけでありましょうか?。

次回は5人で!!!!!」 by かなこぉ↑↑


ももクロちゃん、スタッフ、関係者のみなさん、そして全モノノフのみなさん、
とても濃密な1年間、本当にお疲れ様でした、そして本当にありがとうございました☆。

拙は今年も引き続き、出来る限りももクロちゃんの芸能活動を応援させていただき、みなさんと同じ時代に産まれて生きているという歓びと感動を共有させていただきたい所存でございますっ!!!。

それではこれより、もう後がないプータロー★として元旦からアルバイトに勤しんでまいりま~す☆。


0 件のコメント:

コメントを投稿