2014年5月22日木曜日

SELF CONTRADICTION ぶる~す☆

前回の投稿の締めで、、、

「自身の音楽活動に邁進するっ!!!」などと、偉そうにのたまった舌の根も乾かぬうちに、
いきなりサボって★★★、一昨日、今年3度目のシーバス・フィッシングに行ってまいりました!。

だって 釣れそうなんだもーん☆

昨日までの数日間、好天が続き水質が安定しているであろうこと、小潮周りではありますが干潮から満潮にかけての潮位差が120cm程度あること、それに加えて夜中から雨になるとの予報が出て
おり、低気圧の接近がさらに潮位に影響を与え魚の活性をアゲアゲにしてくれる☆であろうということ、まぁ、机上の理論ではありますが好条件が出揃い、丁度休日で時間の都合もつきましたので、

「ココは行っとけ! 今日も釣ったれーーー!!!」

と、自己矛盾(SELF CONTRADICTION)を勝手に自己消化して、アクセル ベタ踏み!ではなく、、、チャリンコのペダル ベタ漕ぎ!!!で、前回、前々回と同じ都内運河筋へと出撃いたしました★。

満潮までの上げ7~9分辺り、この時間帯で釣れなければ満潮からの下げ2分辺りも狙う予定で
20時頃ポイントに到着、長時間の釣行になることも想定し、ルアーは前回使用のものに、、、



2枚目の写真、こちらの3種類を追加と普段より多目にセレクトしておきました。
タックルの準備を終え周囲を観察してみますと、おぉ、どうやらポツリ、ポツリとライズやボイル(魚が捕食の為に水面へ上がって来ている様子)が出ている模様です!、これは貰ったも同然ですな~。
早速、前回良型をキャッチしたルアー、写真1枚目右上のニョロニョロ8.5(トリプル・フックに交換済み)をセットしてキャスト開始。数投目に岸際を通してみるとBITE!、がこれはほとんど触っただけのようなショート・バイト★。小移動しながらキャストを続けるも反応が無い為、ルアー・チェンジ、
写真1枚目真ん中のバチミノーβ、そして写真2枚目左下のマニックとローテーションして探ってみるも何故か全くの無反応★★★。
そうこうしている間にライズやボイルの回数は明らかに増加しているのですが、どうにもお魚さん達
がルアーに口を使ってくれませんっ!。
ここで、前々回大活躍した写真一枚目右下のニョロニョロ6.0を投入いたしますと、即HIT!!!,
がこの引きはどうも怪しい感触★、手前に浮いてきた魚影はやはりシーバスではございませんっ!。「な~んや、またボラっち(鯔)かいな、メンドクセーな~。」と考えていると足元で上手い具合にフック・オフしオート・リリース☆。若干、心に乱れが生じてしまいましたが気を取り直してキャスト再開、度々
ライズが出ている桟橋際を通しておりますと、ラインが風にあおられルアーが引っ掛かってしまい
ました★。まぁ、これはこの場所では良くある事、スローに引いておりましたので反対側に回ればすぐに外れるはず、、、だったのですがクイッ×2とロッドを煽ってみますとな、なんと、、、
 
何故かメイン・ラインから切れて痛恨のルアー・ロスト★★★

1.5号のP.Eラインが、これくらいの負荷で簡単に切れてしまうとはちょっと考え難いのですが傷でも入っていたのか、まぁ、致し方のない事でございます★。一旦、明るい場所に戻りライン・システムを組み直しましょう。
こうして、再度タックルの準備を整えるのに約30分近くも時間をロスしてしまいました、トホホ、、、。

すでに時計の針は21時を回ろうとしております。もう時合いも終盤近く、周辺では先程よりもライズやボイルが頻発してまいりました。ルアーを最初に反応があったニョロニョロ8.5に戻しキャストを再開すると、数投目に待望のHIT!!!,少し沖で潜ったままなかなか浮いて来ませんが、ロッドから伝わってくるこの引き、この感触は間違いなくシーバスでございますっ!。しかもまたまた良型☆なようで手前に寄せてはドラグを出されの繰り返し、3分間程慎重にやりとりをしてようやく浮いて来た魚を無事にハンド・ランディング!!!。

ゃヴぁぃ!かなこぉ↑↑様が今にも未知の巨大魚に襲われる寸前であります!
かくなる上は、拙がこの命に換えてでも姫をお守りいたしますぞっ!!!
さぁ、お魚さん、どこからでもかかってこーい!!!(ってアホか★)
 
またまた、やったりました~!!!

55cm強の良型シーバスさんで~す☆☆☆

フロント・フックが口の中、上あごにガッチリ掛かっておりました!。やはり推測通りにこの時間帯、相当
活性が上がっていたものと思われます☆。撮影を終えリリースいたしますと、、、イ、イカンッ、お腹を上に向けてプカプカと浮いたままでございますっ★★★。ルアーを外す際に背ビレを立ててかなり興奮しておられたのでその反動でしょうか?。30秒ほど様子を伺っていると、おぉ、ようやく蘇生されましたかその体勢を立て直され、沖へと泳いでいかれました、嗚呼、良かった、良かった☆。

シーバスさん、ありがとうございました!!!。
 
そろそろ潮が効かなくなりそうな気配ですが、あわよくばもう一匹追加したいっ!とキャスト再開、
数投目に岸際を通しているとHIT!!!、がしかし、このすぐに抵抗を諦め気味な「ちょっと根性が足らんっ!」引きの感触★。浮いて来た魚影を確認しランディングするとその正体は、、、

鯎(ウグイ、通称マルタ)でありました★★★

どうやら今回の、ルアーになかなか口を使ってくれなかったライズの正体はこのマルタだったものと思われます。おそらく最初に掛けた魚もボラっちではなくマルちゃんだったのでしょう。
約50cm程の大きさで、その名前の由来のごとく丸太のように太っておりましたので、みなさんに見て笑っていただこうと撮影を試みましたが、ルアーを外しカメラを用意している間に、少し傾斜の
ある護岸をコロコロと転がってボッシャーン!と水中に逃げてしまいました、、、まぁ、別にえぇか★。

この後、潮止まりの為かルアーに反応得られず21時30分頃一旦納竿し、ここから自転車で20分程のアルバイト先でちょっとした用事があったのでそれを済ませ、再びポイントへ☆。
先述のライン・トラブルでかなり時間をロスしたこともあり、まだまだ物足りませんっ!!!。

下げ潮が効き始める22時30分過ぎに、写真2枚目上のバナナを模したルアー☆、チキチータをチョイスしてキャスト開始、しかし残念ながらフィールド全体に、上げ潮の時のような生命感はほぼ
皆無で無反応★、バチミノーβ~マニック~ニョロニョロ8.5とルアー・ローテーションしてもう一通り探り直してみるも完全に不発。通常のバチ・パターンは崩壊★★★ということで写真2枚目右下の小さいメバル用ルアー、月下美人 夜叉5Sを試してみることにいたしました!。がこちらを10投程
してみるもののやはり無反応★、そして予報通り雨がパラついてまいりましたので、深追いはせずに
早めに切り上げようとラスト・キャストし手前まで引いて来たところでハイ、終了!、のはずが土壇場でHIT!!!。ありゃ~、この手応えはチョー軽いっ!、簡単に抜き上げると22cm程の可愛い
チーバスちゃん(ちっちゃいシーバス)でございました、こちらは撮影はせずに即リリースいたしま
しょう、もっと大きくなってまた帰って来るんやで~!!!。

これを最後に23時20分頃に納竿、ライン・トラブルが無ければもう何匹か獲れたかもしれませんが、こんなすぐ近くに大きなビルやマンションが建っているような都会の運河で毎回のように、良型のシーバスをキャッチ出来るという東京湾の豊かさ、自然の恵みに改めて、


またまた感謝、感謝、マジ感謝☆☆☆


しかしいくら楽しいとは言え、このようにしょっちゅう釣りにかまけて、ブログを執筆、投稿したりしていては一向に音楽制作の方が進まないのもこれまた事実★。拙にとって音楽☆は時として音我苦★
でもあるのですが、この苦しみは自分自身が、目の前にあるハードルを自ら上げて跳び越えようと
挑んでいる証でもありましょう。そう、たとえ40過ぎの終末オヤジンだとしても、、、

あこがれが胸躍るリズムならまだ僕は選べるはず


それでは釣りの方はそこそこに、わたくしdyce.は今度こそ、、、

ガチで自身の音楽活動に邁進することを誓いま~す☆。

2014年5月17日土曜日

かなこぉ↑↑の六つのお祝いに☆

本日、2014年5月17日、我らがももクロちゃんは、、、

結成から丸6周年を迎えられました☆


そして、6年前まではおそらく、何処にでも居るような普通の女の子だったであろう一人の少女が、今となっては我が推しメンで心の姫君茶畑灰被姫のかなこぉ↑↑様として産声をお上げになられた記念すべき日と言っても差し支えないでありましょう。
また、今月8日にリリースされたシングル「泣いてもいいんだよ」が、念願のオリコン・ウィークリー・
チャート1位を獲得!!!されたとのことでモノノフにとってはまさに二重の喜び、

ももクロちゃん、そして姫様、本当におめでとうございます☆

現在ももビリの音楽活動は休止中ですが、拙は何年も何十年もこの先の未来もずっとこれまでと
変わらぬ、いやそれ以上の氣愛を入れて声援を送らせていただき、微力ながらみなさんのご活動のお役に立ちたい所存でございますっ!。どうか、今後とも宜しくお願いいたしま~す☆。

話は変わりまして、拙は今年3月の初旬に、ももビリのエンジニアリング作業を一通り完結させて
から徐々に、随分長い間ほっぽり出していた★自身のオリジナル曲の制作を進めておりまして、今月に入りいよいよ本格的に歌のレコーディングを再開いたしました☆。

が、もう毎度まいどの事ではありますが、かなりのオッサンになってからヴォーカルを志した拙に、頭の中でイメージしているような歌がそんな簡単に歌えるはずもなく、やはり音楽は楽しいだけのもの
ではない、という事を痛いくらいに思い知らされ、余りにも開き過ぎている理想と現実との距離
絶望してはどうにか息を吹き返し、僅かばかりでもその間を縮めていけるように、心血を注いで諸々の
作業に打ち込んでいる、そんな今日この頃でございます。

ただ、もう後がないプータロー生活の合間を縫って、何度も何度も同じ箇所を歌い直したり、それでも一向に上達しない自分の稚拙な歌をプレイ・バックして聴いておりますと時々、自身が選択し、誰にも従わずに歩み続けて来た道ではありますが、、、

「誰に 望まれている訳でもないのに、えぇ歳こいてワシは一体何をやっとるのか?」

という、どうしようもない虚無感に襲われたり、、、

「もう何もかも投げ出して、今すぐにこの世から消えて無くなってしまいたいっ!!!。」

という、あからさまな現実逃避願望が頭をもたげてきたりと、暗鬱とした自己否定的な思考に苛まれる事もしばしばでございます★。

こんな状態が何日も続くような時は、心身共にリフレッシュが必要☆ということで、一昨日、約1ヶ月振り、今年2度目のシーバス・フィッシングに行ってまいりました!。

ポイントは前回と同じ都内運河筋、潮時も大体前回と同様で、岸に寄せて来ているであろう魚の活性が上がる満潮からの下げ2分辺りの時間帯を狙う予定で、潮が流れ始める18時30分頃、キャスト開始いたしました。まだ陽の明るさが残る夕刻ですので一通りフィールド全体を観察してみますと、、、残念ながら水面から感じられる生命感はかなり希薄でございます★★★。とりあえず、今回もバチ・パターンを意識した5種類のルアー・セレクトで臨みました。


まず全くのノープランで写真左上のマリブ68を10投程してみるも無反応、しかしこのルアーはこの辺りでは7月頃からのイナッコ(ボラの稚魚)・パターンに効きそうな泳ぎだと感じられました。
そして写真真ん中上のバチミノーβへルアー・チェンジ、革製のシッポの部分を含めると15cm以上
あるのでこれを喰って来る度胸のあるヤツはデカイッと思われますが、、、。
19時近くになり空も大分暗くなってまいりました。そろそろ魚からの反応が欲しいっ!と思いながら、手前まで引いてきたルアーに何気なくトゥイッチを入れてみるとBITE!、がこれはどうもあまりヤル気のない甘咬みな感触★。
しかし魚がゼロという訳ではないっ!と確信いたしましたよ~。ここで写真右上のニョロニョロ8.5にルアー・チェンジ、数投目に前回グッド・サイズが出たピン・スポットへキャストすると、着水直後に
待望のHIT!!!。ジャンプした魚影を確認いたしますとこれまた良型でございます!。一分間程
水面で激しく抵抗した後水中へ潜り、急に大人しくこちらへ寄ってまいりましたが、これは手前でまた
抗う心算ですな?、そうはさせまへんでぇ~!!!。予想どうり浮いて来た所でもう一暴れいたし
ましたがなんとかいなして無事にハンド・ランディング!!!。

姫のカードと一緒に記念撮影☆ ハイ、チーZ!!!!!

やったりましたー!55cm弱の良型シーバスさんで~す☆

かなこぉ↑↑様、こちらを6周年の記念に献上いたします!

どうぞ、ご賞味くださいませ☆☆☆☆☆

って、喰われへん!、喰われへん!、こんな所で釣った魚★★★

こちらは少し色黒で、居付きの個体でしょうか?。いずれにせよコンディションも良く、との撮影を
終えリリースすると元気に泳いで行かれました☆。
早速キャストを再開しようとルアーをチェックしてみますと、、、ありゃ~、フロント・フックが折れて
しまっておりました★(上の写真を参照)。
予備は用意しておりませんでしたので、止む無く、先程反応のあったバチミノーβへ戻し周辺を探ってみますと数投目にこれまたHIT!!!。エラ洗いした魚影を確認いたしますと約40センチ前後
しょうか?。これは抜き上げ出来るサイズかなと考えておりましたところ、急激に潜られてしまいその拍子に無念のバラシ★★★。

「まだファイト中に、ランディングの事考える馬鹿いるかよっ!」

と、先にグッド・サイズの魚が獲れたという気の緩みが招いた結果でございます★★★★★。

そしてこの後が続かず、、、上の写真左下のスーサン、前回大活躍の写真右下のニョロニョロ6.0にルアー・ローテーションして、もう一通り周辺を探ってみるも全くの無反応で、深追いはせずに19時50分頃納竿いたしました。

それでも、前回と比べると相当にシビアな状況で、一匹ではありますが良型のシーバスをキャッチすることが出来た自然の恵みに、、、

やっぱり感謝、感謝、マジ感謝☆。

先の見えない明日へと立ち向かう活力を分けていただきました、本当にありがとうございます!。

それでは、わたくしdyce.は再び自身の音楽活動に邁進いたしま~す☆。

2014年5月1日木曜日

あなただけが見えなくて★

先週末、4/25、26、27の3日間に亘って開催されました、
 
ももいろクローバーZ 第2回 公式ファンクラブ 「ANGEL EYES」 限定イベント
「誰でもカモ~ン!~ただし、ホワイトベレーの方に限ります♡~」
ももクロちゃん、ゲストのみなさん、スタッフ、関係者のみなさん、そして参戦されたAE会員の
みなさん、どうもお疲れ様でした☆。
お伝えしていた通り、拙は最終日に参戦し、通常のライブとはまた違った、ファンクラブ・イベントなら
ではの雰囲気を存分に楽しませていただきました、本当にありがとうございます!!!。

そしてイベント前日にようやく、、、

待望のももクロビリーバーdyce.オリジナル・ハッピが到着いたしました!。

前回、紹介したマスクと併せて着用するとこんな感じ☆

こちらのデザインと仕上がり具合、ご覧の通り、一見なかなかどうして、決して悪いムードではないのですが、背面の名札にご注目していただきますと、、、、、

れにちゃんの名前だけがほとんど見えませんっ★

他の模様もそうなのですが、全体的にが暗過ぎて良く目を凝らして見ないと、文字がほとんど判別出来ないくらいDEATH!!!。

デザイン画は、ほぼ原画に忠実に仕上げていただけたのですが★

上の業者さんに提案していただいたデザイン画と比較しても、その明暗の違いは明白でございます。ももクロちゃんの家来を自称している拙にとって、これは到底容認出来るものではありません!。

第一、れにちゃんに対して申し訳が立たないではありませんかっ!!!

また、両袖のパターンに顕著に表れているのが、各模様の境界がぼやけて、かなり痩躯してしまっている点でございます。

貧弱に変わり果てた「MCZ」のモノグラム、まるで栄養失調であるかのようなクマちゃん、
逆にスカルの「Zマーク」は無駄!無駄!!無駄!!!なくらい極太に★

このように全体がベース・カラーの黒に沈み気味で、原画、デザイン画から感じられる良い意味での毒々しさやケバケバしさがすっかり薄れた印象の、想定していたよりも大分地味で残念な仕上がりとなってしまった次第でございます★。
イベント当日は、仕方なく若干アガり切らぬテンションのまま、こちらを着用して参戦いたしましたが、事情を説明の上、一度業者さんに返送して上記の点を確認していただく運びと相成りました。
 
4月の頭に画像データを送付した時点で、後は業者さんがチャッチャッと作業遂行していただける
もんやと思っとったのですが、度々デザイン修正の指示は出さなアカン!は、その為にいちいち
メールや画像を作らなアカン!は、イベントに間に合うように納期に気を揉まなアカン!は、やっとこさ届いた現物はもうひとつパッとせぇーへん!は、その要因として、この製品に関しては業者さんがHPで盛大に謳われているプリント方式で出力されたものではなかった事★★★が判明するはで(HPの訂正を依頼し、応えていただけるとの事です)、たかだかハッピを一着作るのに、、、

ぬぁ~んで、客のワシがこんなに消耗せなアカンねんっ!!!

と、このところ拙は、正直かなりキレ気味の毎日を過しておりました☠。
事の顛末については、追い追い当ブログにてお伝えさせていただきましょう。

話をイベント当日に戻しまして、、、この日の開演時間は16時とかなり早めでありましたので、夜勤
明けの拙はお酒を控えて1時間半程の仮眠をとり、14時30分くらいに西武ドームに到着。本人認証を済ませ、ファンクラブ抽選会に参加いたしました!。抽選場まで結構な距離を歩いて会員証を機械にかざすと、、、0.2秒で参加賞が当選いたしました、ズコーーー★。
スゴスゴと歩いて来た道を引き返し15時20分頃ドーム内へ入場、スタンド一塁側 B45 18列 8番に着席いたしました。ありゃ~、こちらは残念ながらスタンド席でもかなり後方で、ステージからもメッチャ遠いっ!、まぁ、致し方のない事でございます、拙の氣愛がメンバーまで届くように、、、
この距離を砕く程の大きな声援を送らせていただきますよ~☆。

開演時間の20分程前の15時40分過ぎに早くも、先日、左足を骨折してしまったあーりんKマネ
ことカワカミさんが前説に登場し、トークで場内を暖めてくださいました☆。
 
そして一旦、2人がハケると定刻通りにSE「OVERTURE」が鳴り響きライブがスタート!!!。
AE会員限定イベントで、詳しい内容は当日に参戦したモノノフだけのお楽しみ☆という意味合いも踏まえて、簡単に振り返させていただきますと、前半は珍しい選曲が並んだセトリが印象的、
れにちゃんのニセモノ★、ゴルゴ13のニセモノ★、さらには南国ピーナッツ様のニセモノ★までもが現れて、場内が大爆笑に包まれた中盤、まだ発売前であるにも係わらず「そぉーりゃー!!!」と既にすっかり浸透している「泣いてもいいんだよ」等の新曲を披露していただき盛り上がった後半、そしてアンコールでは、昨年の「西遊記」にも匹敵するであろう、これまた秀逸な新作のコスプレ
「サザエさん」をお披露目☆、最後に全員で歌ったエンディング・テーマの「サザエさん一家」で会場全体がほっこりとした一体感に包まれる中、殆どメンバー自身がアイデアを出して演出した!
いう3日間のイベントは無事終了いたしました!。
いやぁ~、それにしても大勢で一緒に歌を歌えることの喜び、音楽の持つ楽しさを改めて思い
出し、味わうことの出来た、ファンクラブ・イベントならではの素敵なフィナーレでございました☆。

今のところ決定している、ももクロ夏のバカ騒ぎ 日産スタジアム大会2DAYSには、当然両日
参戦する心算でエントリーする予定ですが、今後も是非このような、比較的チケットを入手し易い
イベント☆を時々は開催していただけますよう、心より懇願いたしますっ!!!。

それではわたくしdyce.はこれよりしばらくの間、自身の音楽活動に集中させていただきま~す☆。