2014年2月27日木曜日

逡巡傷(タメライキズ) ~NIИ TOKYO 2014~

前回の投稿でお知らせいたしましたとおり、一昨日2/25こちら、

いやぁ~、とても素晴らしいハコでございますね☆

NINE INCH NAILS(ナイン・インチ・ネイルズ)の単独来日公演


新木場スタジオ・コースト初日に参戦してまいりました☆。

拙はNIИのライブはSUMMER SONIC2005以来の2度目、こちらの会場には初めて来場しましたが、
何を隠そう数年前に一度だけ、このすぐ手前の運河にシーバス・フィッシングに訪れ、無残にも
ノーバイトで撃沈、泣く泣く家路についたほろ苦い記憶が少しだけ甦ってしまいました★。
(この日も2人のアングラーがおられました、釣れたんかなぁ~?)

開演時間ギリギリの到着となってしまい、入場すると当然のように場内はすでにほぼ満杯状態、前方のフロアに出るのは諦め、PA卓後方の一段高いフロアのセンター寄り、サウンドが良さそうな場所をどうにか確保いたしました。そこまで大きなハコでもなく、むしろNIИのライブにはキャパが狭いくらい(両日ソールド・アウトで追加公演が組まれました☆)、これで前のデカイオニイチャンさえ居なければステージも良く観えたのですがそう上手いことばかりもありません。やはり開場前から並ぶくらいの
氣愛を入れて臨むべきでありました★。

ライブの内容はただ一言、、、圧巻でございましたっ!!!!!。
 
全20曲、欲を言えばアンコールもやっていただきとうございましたが新旧の楽曲を織り交ぜたセット
リストも、拙のような90年代前半からのオールド・ファンの期待を裏切らないものでありました。
昨年リリースされたニューアルバム「hesitation marks」は、これまでの作品より歪み系のギターや
生ドラムの出番が減り、かなりエレクトロ色が前面に出されたものでしたが、ライブでもドラムレスで
演奏された「disappointed」,「came back haunted」,「copy of a」等は、非常にダンサブルで久方
振りにクラブへ来たかのような感覚を思い出しました、いやぁ~、このハコは音がとても良いっ!。

「copy of a」 FUJI ROCK 2013でのパフォーマンス☆

そしてライブでは定番の「march of the pigs」,「gave up」,「wish」,「head like a hole」等の激しい曲もモレ無く披露していただきラストは名曲「hurt」で美しく締めていただきました☆。
これはもうほとんど完璧なショーと言っても過言ではございませんっ!。

それにしてもトレント・レズナー様の声量はハンパないっ!!!。
48歳になられた今でも全くもって衰え知らず、拙もぜひあやかりたいものでございます☆。
この先も末永くNIИとしての活動は続けて、素晴らしい音楽とライブを提供していただきたいっ!。
この度は至福の時間をありがとうございました☆。

ちなみに、、、この日は1ドリンク制だったのですが、なぜか拙はドリンク・チケットを2枚いただい
ちゃいました!。もちろん帰り際に、ビール2本と交換して家で一杯やらせてもらいました☆。
スタジオ・コーストのスタッフさん、次に来場した時は景気良く5,6枚お願いしま~す★。


さて、来月はこちら、

ももクロ春の一大事、国立競技場大会

いよいよ約2週間後に迫ってまいりました☆。拙は初日に参戦いたしますっ!。
最近はNIИばかりを聴いておりましたが、これからキッチリとももクロちゃんのCDやBlu-ray等を鑑賞し直して、当日はこれまで以上の氣愛で応援させていただきたい所存でございますっ!。

それでは、予習に戻りま~す☆。

0 件のコメント:

コメントを投稿