2013年8月28日水曜日

Dark Blue★Almost Black ~後編~

8/21投稿の記事で、推しに推させていただきました、Depeche Mode(デペッシュ・モード、
以下DMと略称、写真、動画等をご覧になったみなさんいかがだったでしょうかーーーーーっ!!!。

と申しましても正直なところ、モノノフのみなさんがある意味ももクロちゃんとは無縁であろう
このバンドの醸し出す、佇まいなり、美学なりを気に入って推してくださるとは考え難いのも事実
でございます★。逆に拙も、数年前に卒業いたしましたが、元プヲタ、元格ヲタという土壌が
なければ,2011.10/23全日本プロレスの「プロレスLOVE in 両国」の中継を観て、ももクロちゃん
と出会い、ハマっていくこともなかったでしょう。

※「チラシ」のくだりは妄想である事をご了承ください★。

拙は20代後半までバンド活動をしておりましたが、ライブで「コマネチ」をやったり、アントニオ猪木
さんの「1,2,3,ダーーーーー!!!」、大仁田厚さんの「おい!、おい!、おい!!!」、小川直也さんの
「新日本プロレスファンのみなさん、目を覚ましてください!」等をサンプリングして使ったり、
現在のももクロちゃんと被っているような、おバカなネタを15年以上前にやっておりました☆。
そんな過去もあって、やっている当人たちは全く理解していないであろう、アラフォー世代以上に
しか分からないようなプロレスネタを所々でぶっ込んでくる演出は、拙にとって非常に嬉しくもあり、
シンパシーを抱かせるものでもありました☆。

またこれまで公開してきた記事でも多数触れているように、拙は娯楽においてのライブの比重
かなり重視する傾向があります!。現場で同じ空間、同じ瞬間に、同じ衝動、同じ感動を複数の
他者と分かち合えることは、まさに生きていること(LIVE)の歓び、そしてそれらが記録された映像は時折再生することにより、ただ生活に追われ、地味で平坦に過ぎてゆきがちな日々の暮らしに
おいて、彩りや昂揚を与え、心身ともに日常的束縛から解放してくれるものでもあります。
 
そんな拙の人生において、最も強く魂を揺さぶり、且つ優しく抱擁してくれたライブ(映像作品)が、前編でも紹介させていただきました、DM「Devotional」でした。

僕の瞳に映る世界、あなたにも見せてあげたい、、、。

こちらに刻まれた音と映像の全ては、いつも死と隣り合わせに存在する生の儚さ、それでも
終わりまで鳴り止むことのない鼓動の強さを感じさせてくれるような、まさに美の極地を具現化
した、超一流の芸術作品にも並ぶ、知られざる人類の至宝と言っても過言ではありませんっ!。
初めて観てから約20年の時が過ぎその間、数えきれない程たくさんのライブ、映像を観て来ましたし、このブログでも取り上げてきたU2、Nine Inch Nails(ナイン・インチ・ネイルズ)等は、常に
期待を裏切らないだけのものを提示してくれます☆。しかし、もちろん個人的趣味、趣向によるものではありますが、比較してみるとこれを超えるようなライブ、映像にお目にかかることはなく、また
この先、観られることもないであろうと思い生きて参りました、、、。

がついに、超えずともそれに匹敵するような作品に出会うことが出来ました!!!!!。
それはみなさんも良くご存知のこちら、


2011.4.10 中野サンプラザ大会
ももクロ春の一大事 ~眩しさの中に君がいた~です☆。
今年(2013)DVDがblu-rayで再発され購入させていただきましたが、初めて拙がこちらの映像を
観たのは、公演から約1年後の昨年(2012)の春、CS放送での2時間のダイジェスト版において
でありました。その1ヶ月程前に、ももいろクリスマス 2011 をこちらもCS放送のダイジェスト版
で観て、かつてない衝撃を受け、心を奪われ、無意識の内にモノノフへとなり始めていた拙ですが、
当時はまだ、ももクロちゃんの曲もそれまでのストーリーも、メンバーの名前さえちゃんと理解
出来てはおりませんでした★。が観終わる頃には、みなさんも同じでしょう、「ボロボロ」と涙が
こぼれ、「ズルズル」と鼻水を垂れ流し、「ウッウッ」と嗚咽を漏らさずにはいられない自分
そこに居たのでありました。それはバンド、ソロと音楽活動において、挫折を繰り返しながら年齢を
重ね、地べたを這いずり回るような暮らしの中で、痛み始め、温もりを失い、腐食しかけていた拙の
身体と心に、もう一度熱い血が通い始め、モノノフとして生まれ変わった瞬間でした!。
拙が今こうして、みなさんにブログを閲覧していただいたり、動画で歌や演奏を聴いていただける、
そのきっかけは、この作品に出会えたことが全てでございます☆。

そしてもはや崇拝の対象とも言えるももクロちゃんに少しでも近づきたく、代表曲でアンセムでも
ある「行くぜっ!怪盗少女」を、替え歌「行くZっ!怪盗中年」としてカバーし動画サイトに投稿、
モノノフのみなさんからたくさんのうれしいコメントをいただいて参りました☆。

 
再生回数80,000回超えました!。みなさん、ありがとうございます!。

以降、拙の生活は完全にももクロちゃんを中心に回るものへとシフトされ、昨年は3度ライブに
参戦、カバーを計5曲投稿、今年の前半は、エントリーしたライブは全て落選★、また喉の不調で
声が出ず休養させていただきましたが、6月より2曲を投稿、現在3曲目(合計8曲目)を制作中、先月よりこのブログも始めさせていただき、ますますモノノフ道を邁進して行きたいと身を引き締めておりました最中、箱推しからのぉ↑↑、デコまゆ推しからのぉ↑↑、かなこぉ↑↑推し
拙にとって極めてショッキングな写真が流出してしまいました★。

 
8/13 Twitterで流出した写真のうちの1枚
 
以下、完結編へと続きます、、、、、。



0 件のコメント:

コメントを投稿